2016年12月29日木曜日

九份 (Jiuifen, jiǔ fèn , ジューフン) ★★★



九份までの道すがら、話好きと思われるタクシーの運転手のおじさんが、この町の概略を説明してくれる。金が採掘できるということで、日本による統治時代、多くの日本人が金を目指してこの町に集まり、開発をしたために、この街は日本人によってつくられたんだと。そして金の採掘量が低下するによって、徐々に寂れていったが、映画「悲情城市 (A City of Sadness)」の舞台となり、レトロな雰囲気を残す街並みが人気を博し、今では週末になれば動けないほどの人が押し寄せるほどなんだと。

年の瀬も迫った本日も、とんでもない数の観光客がこの街に足を運んでいるようで、 メインストリートとなっている老街の入り口近くで下ろしてもらい、東京のラッシュアワーの様になっている老街を、人の波を掻き分けるようにして必死に進む。

途中で何度も心が折れそうになりながらも、なんとか道を抜け、湯婆婆の館のモデルになったとも言われる茶屋の前で写真を撮ろうとする若者が引き起こす渋滞に何とかすり抜けながら、少し脇にポツンと位置する小さな茶館にたどり着く。妻が見てみたいという茶器を売っているお店で、せっかくだからとお茶をいただきながら、闇に沈み始めた外の風景を眺めながら一息つくことに。

帰りはメインストリートを避け、裏道でショートカットして、タクシーと合流し、次はもう少し人の少ない時に再訪してみたいものだと思いながら、ウトウトしながら「そういえば、十分と九份のフンはなぜ同じ字じゃないのだろう」と考えつつ台北へと戻ることにする。   










十分(Shifen, shí fēn, シーフン) ★★



ホテルにチェックインし、とりあえず近くの食堂でお腹を満たし、すぐに車を手配して向かうのは、台北から東に一時間ちょっといった 十分(Shifen, shí fēn, シーフン)  。 日本では映画「 千と千尋の神隠し」の舞台のもとになったと言われる九份が有名だが、そのちょっと手前にあるこの十分もまた人気の観光地だということで、せっかくだから立ち寄ることに。

ローカル電車でもアクセスできるということで、更にその線路が街中を通る為に、多くの人が電車の来ない線路の上を歩いてしまうなんとものんびりした風景を楽しめる。そして多くの観光客の目的になっているのは、本来なら中華新年の旧正月にこの地で行われる「平渓天燈祭」。大きな天燈(天灯,てんとう,テンダン)に願いを書いて、熱気球と同じ原理で燃料に火をつけ、その熱で温められた内部の空気がそのままランタンを空高く舞い上げるというものであり、電車の来ない線路のあちこちで、墨で書かれた願いが次々に舞い上げられていく景色はやはり息を呑む。タイのチェンマイでも、同様な祭りが行われて有名であるが、そうして考えてみると、台湾とタイの地理的距離の近さと、同じ慣習を保っていることに改めて気がつかされる。

「風でロウソクの炎が紙に移ったり、落ちて近くの民家に火が移ったりしないのだろうか・・・?」と少々心配になりながら、車へと戻り、次の九份へ向かうことにする。







台北(臺北,Taipei,Tái běi)★★★

行ってそうだが今まで縁がなかった台湾。年末年始、正月感もなく、地獄のような大気汚染に覆われた北京からしばしでも逃げ出そうと、年末年始を過ごすために向かった台北(臺北,Taipei,Tái běi)。

昨日までの気の滅入るような酷い大気汚染のせいで、数多くのフライトがキャンセルになったと聞いて、「せめて飛んでくれれば・・・」と願いながら迎えた朝は、拍子抜けするくらい普通の空模様。定刻に飛び立った飛行機は3時間ほどで台北西部の空港に到着。

海の向こうの次期大統領が例のツイッターで好き放題やるように、世の中の誰もが思うとおりに発言することができるほど世の中は寛容ではなく、様々な気遣いをしながらネット空間でも生きていかなければならないようで、「一つ」か「二つ」かと揺さぶられるこの台湾でどんな年越しを過ごせるのか楽しみにしながら入国審査へと向かう。

驚いたことに、入国審査も外国人用に多くのゲートを用意し、できるだけ長く待たないようにするという心遣いが感じられ、どんなに長く列が出来ていようとも、お構い無しに数人のゲートで作業を続ける大陸のやり方とはまったく違うやり方のお陰で、ストレスを感じることなくあっさり入国。

「これはひょっとしてかなり違うんじゃないか・・・」と思いながら、非常にスムースに荷物を受け取り、とても丁寧な説明を英語で行ってくれるwifiルーターの貸し出しを受け、列に並んで市内までのバスのチケットを買い、周囲の迷惑を考えず大声で話す人々も、そこらじゅうで痰を吐く人もいなく、皆整然と乗り口でバスを待ち、定刻にやってくるバスに乗り込み市内へと。

「ひょっとして・・・」との思いはますます強くなり、古き良き東洋の雰囲気を味わうことを楽しみに、市内までバスで揺られることにする。



2016年12月16日金曜日

「働かないアリに意義がある」 長谷川英祐 2010 ★★★


長谷川英祐
ハチやアリに代表される「コロニー」と呼ばれる群れを成して、それ全体がまるで一つの生物の様にして活動する特殊な集団特性を持つ生物を「真社会性生物」という。

個別の視線で見たら、決して生存に有利に働かないのにもかかわらず、コロニーという全体で見ると種の繁栄にプラスに働く「利他行動」を取ることが、真社会生物とその他の社会生物を区別する点である。

働き者と言われるアリのコロニーをよく観察してみると、いつも働いているアリがいる一方で、ほとんど働かないアリが見つかる。なぜ彼らは何もしないのか?なぜ何もしない彼らを必死に働いているアリたちが文句を言ったり、コロニーから追い出したりしないのか?

「個」の視点から考えていても決して辿りつかないその答えは、アリにとっては「個」よりもより重要なもの、つまり「コロニー」をいかに次の世代に残していくかの方が、より社会にとって重要であるから。

そしてその為に、皆が皆、いつも必死に限界まで働いている状態よりも、常に集団の中に余力を残し、想定外のことが起きたときに対応できるようにしていくことの方が、より「群」として生存率が高くなることを、アリはその遺伝子レベルで理解しているということ。

そして集団の中に、仕事をするアリと、しないアリ。それらのサボっているように見えるアリも、ある一定のレベルを超えた仕事量がコロニー全体に降りかかると、突然働くようになるという性質、「反応閾値」=「仕事にたいする腰の軽さの個体差」を持つことで可能としている。

守備の上手い選手ばかりや、足の速い選手ばかり集めても強いチームができないように、多様性がチーム全体の力をあげるのに役立つように、人間社会においても職業人として基本的な能力は保持しつつも、多様な個性の集合体の方が組織として強くなるということ。

皆が皆、性善説に沿うようにまっすぐに原理原則に従うのが社会ではなく、個が貢献してコストを負担することで回る社会があれば、今度はそのシステムを利用して、社会的コストの負担をせずに自らの利益だけをむさぼる「裏切り行為」を行う「フリーライダー」。が出現するのはヒトもアリでも同じこと。

不公平に思えるサボる社員もひょっとして、より高次の視線から見ると、長期的な組織の存続に何かしら寄与しているのかも・・・と期待を込めて観察してみるが、やはり疑問符だけが心の中に残るだけ。

----------------------------------------------------------
■目次  
序章 ヒトの社会、ムシの社会
第1章 7割のアリは休んでる
第2章 働かないアリはなぜ存在するのか?
第3章 なんで他人のために働くの?
第4章 自分がよければ
第5章 「群れ」か「個」か、それが問題だ
終章 その進化はなんのため?
----------------------------------------------------------

2016年11月10日木曜日

ピカソ美術館(Musée Picasso) ロラン・シムネ 1985 ★



朝から歩き回り、ポンピドゥー・センターを見終えてそろそろ午後の打ち合わせの為にホテルに戻ろうかと思うが、せっかくだから少し足を伸ばして新しくなったというピカソ美術館(Musée Picasso)も観ていこうかと欲がでる。

相当脚に疲れがたまっているが、せっかくのパリだからと西に向かってマレ地区と呼ばれるお洒落な雰囲気漂う3区へと入っていく。ピカソ美術館といえば、バルセロナにもあるのが有名であるが、こちらパリのものは、1973年のピカソの死去後、その遺族が膨大な相続税の為に物納した作品を中心として、ピカソが長く滞在したこのパリにてぜひとも美術館をと計画されたものである。

建物としては新たに建設されたのではなく、元々は1659年に建築家ジャン・ド・ブイエによって設計された邸宅をパリ市が買い取り、それをピカソ美術館として改修することが決まり、コンペが行われ、その結果建築家のロラン・シムネが設計を担当することになり、1985年開館となる。

およそ25周年にあたる2009年に更なる改修が行われることになり、その期間を利用して膨大なコレクションは世界中を巡回展として巡り、世界中でピカソ展が開催されていたのも記憶に新しいはず。改修工事は結局2014年までかかり、その10月にやっとリニューアルオープンを迎えたというわけで、まだ2年ほどの歳月しかたっていないことになる。

展示は「ピカソとジャコメッティ」として同年代を生きた二人のアーティストの作品を様々な角度で比較しながら、相互作品への理解を深める内容となっている。

それにしてもこの美術館。元々邸宅ということもあり、かなりの制限があるのはしょうがないんのであるが、現代のようにこれだけ多くの人が訪れる場所として、狭い部屋を次々へと巡り、階段を何度ものぼり、最後はいったいいつ終わるのか分からないという不安にかられる狭い階段室を一気に何回分も降りなければならないという、動線という美術館においては楽しみに一つでもある重要な要素に非常に大きなしわ寄せが来てしまっている、そんな印象を受けつつも、やはりこれだけ大量に同年代のアーティストの作品を見比べると、ピカソの突出した感性に圧倒されずにいられないと思いながら、ホテルへと帰路に着くことにする。


パリ3区








ポンピドゥー・センター(Pompidou Centre, フランス国立近代美術館) レンゾ・ピアノ リチャード・ロジャース 1977 ★★★★



パリの南から中心地の4区に戻り、レ・アールの駅から地上に出ると目の前に見えてくるのは青い工場。フランスの3大美術館に数えられ、古典美術はルーヴル美術館、フォーヴィズム以降の20世紀美術はオルセー美術館、そしてそれ以後の現代美術はと言われるのがこのポンピドゥー・センター(Pompidou Centre, フランス国立近代美術館)。

ルーブルが古い宮殿を、オルセーが古い駅舎を再利用して作られた美術館だったのに対して、このポンピドゥー・センターは現代美術の殿堂として相応しい建築にとコンペが開催され、世界中から多くの応募があるなか、イタリア人であるレンゾ・ピアノとイギリス人であるリチャード・ロジャースのチームによる案が一等を獲得し、1977年に開館した。

現代社会における展覧会とそのための空間の在り方を深く考察し、決まった大きさの部屋にある決められた壁にかける絵を変えるだけが展覧会のあり方ではなく、展示する作品の意味や大きさ、壁や訪れる人の動線のあり方なども、展示作品ごとにその作品の意図に一番あったものにしていく必要があるということで、構造の柱や壁、設備のダクトやシャフトなどで空間の可変度が比較的決まってしまう従来の建築の在り方に対して根本的にチャレンジし、内部の展示空間がそれらの構造や設備の制限から解放され、最大限の可変度、フレキシビリティを得られるように、建築に必要な構造や設備、動線などをできるだけ展示空間の外に出してしまおうという大胆な発想の転換。

その為に従来の建物であれば、壁や天井の裏、訪れる人からは目に見えない場所に隠されている構造や設備の要素が、すべて外に出され、その意図を明確にするためにそれの要素を隠すことなく剥き出しとして、今までの建築とはまったく違った表情を都市に見せている。文化施設などでは通常それらのあまり見て美しくない要素はできるだけ壁などで隠すなどの操作をされていたのに対して、工場などは不特定多数の人が訪れる場所ではなく、設備などの要素を隠し、できるだけ美しい空間にするというのが建物本来の求めるものでもないために、ほとんどがそれらの設備、構造の要素を剥き出しのままにされる。

それらの建築の機能によるある種の祖形を我々は育っていく中でなんとなく理解するために、このポンピドゥー・センターを見た際に、「青い工場」とか「カラフルな工場」と認識してしまい、「これが美術館なの?」というリアクションに繋がるわけである。

今から20年近く前、建築を学ぶ学生時代に建築史の歴史の授業では、一番最後の方に載っているのがこの建物であったのを良く思い出す。それは当時イギリスを中心としてムーブメントとなりつつあった、ハイテク建築の象徴的建物であり、その為に建築の歴史というアカデミックな括りにすでに囲われた建物であり、かつ今という時間からもっとも近い建築物でもあったわけである。実際に見てみたく、バイトをしてパリまでやってきた時の感動を今でも良く思い出すものである。

前面広場を大胆にスロープとしてエントランスを地下1階に設けることで、レ・アールの駅から建物に向かう人々の流れを正面で受けるとともに、人々が漂う都市広場としての空間の背景として自らを組み込むことになる。東側の道路から敷地北側に設けられた搬送口に対して、公共のエントランスは西側へという動線計画も明確。

エントランスを地下に設けたことで、入り口空間は背の高いゆったりしたものになり、人目でどこにチケットオフィスがあって、クロークがあって、トイレ、カフェ、常設展示と企画展示への入り口が一目で分かることができる明確な平面計画。

チケットを購入しコートを預け、常設展示入り口でチケットチェックを受けて、エスカレーターで地上階へと上がってから建物の外に出るようにして正面ファサードに取り付けられたチューブ状のエスカレーターを利用して一気に建物最上階の6階へとアクセスする。というのは、この建物は美術館だけではなく、図書館など様々な機能が同居しており、4、5階が常設展示、6階が企画展示とレストラン、そして3階は公共図書館などが入っており、美術館を訪れた人を下層部の公共空間から一気に最上部の6階へと持ち上げて、そこから徐々に降りてくるタイプの動線は非常に効率的である。

しかしそれを階段やエレベーターでやると、一度に利用できる人の数が限られたりということで、エレベーターというかなりアクロバティックな縦方向の動線を採用するにあたり、通常の建物内部で何度も折り返しでつかうものであれば成立しなかったであろうが、一方向、しかもほぼ外部に設置され、高さを上がることにより徐々に目の前にパリのパノラマが広がるという、背の高い建物があまりないパリという都市だからこそ、そして市の中心部に巨大なヴォイドとして取り残されていた駐車場跡地だったころこそできたこの動線空間。まさに現代のパリのパノラマ空間であり、最上部の廊下空間は展望室としての機能も兼ねており、南に張り出す場所ではエッフェル塔モンパルナスタワーが向き合う姿を見ることができる訳である。

企画展ではルネ・マグリットの展示が行われており、印象的なこうもり傘の絵などに多くの人が集まっている姿を見ながら、先ほどのエレベーターを利用して下階常設展示で、ヨーロッパ最大とも言われるその膨大なコレクションをお腹一杯になるまで堪能し、図書館を覗きながら今度はゆっくりとエレベーターを降りていくことにする。



パリ4区