2016年11月10日木曜日

ピカソ美術館(Musée Picasso) ロラン・シムネ 1985 ★



朝から歩き回り、ポンピドゥー・センターを見終えてそろそろ午後の打ち合わせの為にホテルに戻ろうかと思うが、せっかくだから少し足を伸ばして新しくなったというピカソ美術館(Musée Picasso)も観ていこうかと欲がでる。

相当脚に疲れがたまっているが、せっかくのパリだからと西に向かってマレ地区と呼ばれるお洒落な雰囲気漂う3区へと入っていく。ピカソ美術館といえば、バルセロナにもあるのが有名であるが、こちらパリのものは、1973年のピカソの死去後、その遺族が膨大な相続税の為に物納した作品を中心として、ピカソが長く滞在したこのパリにてぜひとも美術館をと計画されたものである。

建物としては新たに建設されたのではなく、元々は1659年に建築家ジャン・ド・ブイエによって設計された邸宅をパリ市が買い取り、それをピカソ美術館として改修することが決まり、コンペが行われ、その結果建築家のロラン・シムネが設計を担当することになり、1985年開館となる。

およそ25周年にあたる2009年に更なる改修が行われることになり、その期間を利用して膨大なコレクションは世界中を巡回展として巡り、世界中でピカソ展が開催されていたのも記憶に新しいはず。改修工事は結局2014年までかかり、その10月にやっとリニューアルオープンを迎えたというわけで、まだ2年ほどの歳月しかたっていないことになる。

展示は「ピカソとジャコメッティ」として同年代を生きた二人のアーティストの作品を様々な角度で比較しながら、相互作品への理解を深める内容となっている。

それにしてもこの美術館。元々邸宅ということもあり、かなりの制限があるのはしょうがないんのであるが、現代のようにこれだけ多くの人が訪れる場所として、狭い部屋を次々へと巡り、階段を何度ものぼり、最後はいったいいつ終わるのか分からないという不安にかられる狭い階段室を一気に何回分も降りなければならないという、動線という美術館においては楽しみに一つでもある重要な要素に非常に大きなしわ寄せが来てしまっている、そんな印象を受けつつも、やはりこれだけ大量に同年代のアーティストの作品を見比べると、ピカソの突出した感性に圧倒されずにいられないと思いながら、ホテルへと帰路に着くことにする。


パリ3区








ポンピドゥー・センター(Pompidou Centre, フランス国立近代美術館) レンゾ・ピアノ リチャード・ロジャース 1977 ★★★★



パリの南から中心地の4区に戻り、レ・アールの駅から地上に出ると目の前に見えてくるのは青い工場。フランスの3大美術館に数えられ、古典美術はルーヴル美術館、フォーヴィズム以降の20世紀美術はオルセー美術館、そしてそれ以後の現代美術はと言われるのがこのポンピドゥー・センター(Pompidou Centre, フランス国立近代美術館)。

ルーブルが古い宮殿を、オルセーが古い駅舎を再利用して作られた美術館だったのに対して、このポンピドゥー・センターは現代美術の殿堂として相応しい建築にとコンペが開催され、世界中から多くの応募があるなか、イタリア人であるレンゾ・ピアノとイギリス人であるリチャード・ロジャースのチームによる案が一等を獲得し、1977年に開館した。

現代社会における展覧会とそのための空間の在り方を深く考察し、決まった大きさの部屋にある決められた壁にかける絵を変えるだけが展覧会のあり方ではなく、展示する作品の意味や大きさ、壁や訪れる人の動線のあり方なども、展示作品ごとにその作品の意図に一番あったものにしていく必要があるということで、構造の柱や壁、設備のダクトやシャフトなどで空間の可変度が比較的決まってしまう従来の建築の在り方に対して根本的にチャレンジし、内部の展示空間がそれらの構造や設備の制限から解放され、最大限の可変度、フレキシビリティを得られるように、建築に必要な構造や設備、動線などをできるだけ展示空間の外に出してしまおうという大胆な発想の転換。

その為に従来の建物であれば、壁や天井の裏、訪れる人からは目に見えない場所に隠されている構造や設備の要素が、すべて外に出され、その意図を明確にするためにそれの要素を隠すことなく剥き出しとして、今までの建築とはまったく違った表情を都市に見せている。文化施設などでは通常それらのあまり見て美しくない要素はできるだけ壁などで隠すなどの操作をされていたのに対して、工場などは不特定多数の人が訪れる場所ではなく、設備などの要素を隠し、できるだけ美しい空間にするというのが建物本来の求めるものでもないために、ほとんどがそれらの設備、構造の要素を剥き出しのままにされる。

それらの建築の機能によるある種の祖形を我々は育っていく中でなんとなく理解するために、このポンピドゥー・センターを見た際に、「青い工場」とか「カラフルな工場」と認識してしまい、「これが美術館なの?」というリアクションに繋がるわけである。

今から20年近く前、建築を学ぶ学生時代に建築史の歴史の授業では、一番最後の方に載っているのがこの建物であったのを良く思い出す。それは当時イギリスを中心としてムーブメントとなりつつあった、ハイテク建築の象徴的建物であり、その為に建築の歴史というアカデミックな括りにすでに囲われた建物であり、かつ今という時間からもっとも近い建築物でもあったわけである。実際に見てみたく、バイトをしてパリまでやってきた時の感動を今でも良く思い出すものである。

前面広場を大胆にスロープとしてエントランスを地下1階に設けることで、レ・アールの駅から建物に向かう人々の流れを正面で受けるとともに、人々が漂う都市広場としての空間の背景として自らを組み込むことになる。東側の道路から敷地北側に設けられた搬送口に対して、公共のエントランスは西側へという動線計画も明確。

エントランスを地下に設けたことで、入り口空間は背の高いゆったりしたものになり、人目でどこにチケットオフィスがあって、クロークがあって、トイレ、カフェ、常設展示と企画展示への入り口が一目で分かることができる明確な平面計画。

チケットを購入しコートを預け、常設展示入り口でチケットチェックを受けて、エスカレーターで地上階へと上がってから建物の外に出るようにして正面ファサードに取り付けられたチューブ状のエスカレーターを利用して一気に建物最上階の6階へとアクセスする。というのは、この建物は美術館だけではなく、図書館など様々な機能が同居しており、4、5階が常設展示、6階が企画展示とレストラン、そして3階は公共図書館などが入っており、美術館を訪れた人を下層部の公共空間から一気に最上部の6階へと持ち上げて、そこから徐々に降りてくるタイプの動線は非常に効率的である。

しかしそれを階段やエレベーターでやると、一度に利用できる人の数が限られたりということで、エレベーターというかなりアクロバティックな縦方向の動線を採用するにあたり、通常の建物内部で何度も折り返しでつかうものであれば成立しなかったであろうが、一方向、しかもほぼ外部に設置され、高さを上がることにより徐々に目の前にパリのパノラマが広がるという、背の高い建物があまりないパリという都市だからこそ、そして市の中心部に巨大なヴォイドとして取り残されていた駐車場跡地だったころこそできたこの動線空間。まさに現代のパリのパノラマ空間であり、最上部の廊下空間は展望室としての機能も兼ねており、南に張り出す場所ではエッフェル塔モンパルナスタワーが向き合う姿を見ることができる訳である。

企画展ではルネ・マグリットの展示が行われており、印象的なこうもり傘の絵などに多くの人が集まっている姿を見ながら、先ほどのエレベーターを利用して下階常設展示で、ヨーロッパ最大とも言われるその膨大なコレクションをお腹一杯になるまで堪能し、図書館を覗きながら今度はゆっくりとエレベーターを降りていくことにする。



パリ4区
























スイス学生館(Swiss pavilion) ル・コルビュジェ(Le Corbusier) 1932 ★★★



ブラジル学生館を見学した後は道を挟んですぐ近くに位置するスイス学生館(Swiss pavilion) へ。同じ建築家の作品ということでつい一緒くたにしてしまいがちであるが、この二つの建物設計にはおよそ25年、つまり四半世紀の隔たりがあるということ。

1932 スイス学生館(Swiss pavilion)  
1959 ブラジル学生館(Maison du Brésil)

それまでは個人住宅ばかりを設計していたル・コルビュジェ(Le Corbusier) が初めて手にした公共建築。それがこのスイス学生館(Swiss pavilion) 。その後様々な集合住宅を手がけ、名声を手にし、NYでは国連本部の設計を手がけ、自ら長年追い求めた理想の集合住宅のあり方として、1952年にマルセイユにてユニテ・ダビタシオンを完成させ、さらに傑作と言われるロンシャンの礼拝堂を1955に完成させたのちに、ラ・トゥーレット修道院、東京の国立西洋美術館と時期を同じくして設計が進められていたと思われるのがブラジル学生館。

なのでこの二つの建物の間には、20世紀の巨匠と呼ばれるコルビュジェの設計理念の発展の軌跡が読み解けるはずであり、その為にさらっと見終えてしまいがちであるが、それをあらためて消化し、自分なりの理解としておくことは、建築を生業とするものとして非常に大切な作業であろう。

自らが提唱した近代建築の五原則、つまりピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面。これらを見事に体現するサヴォア邸を完成させたのが1931年。自らと近代建築が向かう先を明確に捉えていたコルビュジェの元に舞い込んだ自らの母国スイスの学生寮の仕事。初めてとなる公共性を備えた規模の建物。1887年生まれのコルビュジェは当時すでに45歳。満を持して公共建築へとその活躍の場を広げていくことになるメルクマークとなる作品であり、コルビュジェ自体の気合の入り方も相当なものだったと想像する。

あくまでも近代建築の五原則の延長線上に、いかに経済性にのっとりながら、集って住まうことの豊かさを実現できるか。そこに新しいより過密化する都市の中の一つの時代のタイポロジーとして新しい集合住宅の祖形をいかに作り上げるか。南に向けて配置される住ユニットは最小限の空間としながらも、内装をシャルロット・ペリアン(Charlotte Perriand)が手がけて、非常にコンパクトでありながらも快適な個室空間が並列され、大きく取られた南側の開口部と、廊下が並ぶ北側の開口部によって前後の表情が作り出され、その積み上げられたブロックを地盤面から持ち上げることで、開放感のある空間に透明感を損なうことなくガラスのボリュームが挿入され、エントランスホールや応接室などの公共空間を作り出す。

これらの空間は上部を支える構造的制約から解法されているということを可視化する必要があるといわんばかりに、曲線を多用した変化に富んだ空間がモデュールが重ねられどうしても単調になりがちな表現に、心地よいリズムを加えてくれる。

応接間や階段をのぼり、廊下までのやや広い空間に置かれたベンチなど、それぞれの場所に設置される備え付け家具が「これでもか」と言わんばかりに空間と対応する素晴らしいデザインを施されている。そして応接室の壁にはコルビュジェ自身の手によるという巨大な壁画。上記のコルビュジェの置かれた状況を理解していれば、いかにコルビュジェが並々ならぬ思いをもってこのプロジェクトに向き合っていたかが手に取るように見て取れる。赤字になろうがなんだろうが、どうしてもこのプロジェクトは納得するまでやりこむんだと。

ちなみにこちらも玄関ベルを押し、品の良さそうな管理人さんに数ユーロの見学料を支払うと、パンフレットを渡してくれて、こちらは2階にある105号室だけ見学可能で、当時のままの状態を保っているという。

見学を終えて、40代を向かえ脂の乗ってきたコルビュジェがそのマッチョな情熱を前面に出して横で話しかけてきているような気持ちになりながら、建築を生業にしたことを良かったと再度思いながら駅へと足を向けることにする。




パリ14区