2017年9月3日日曜日

やちむんの里 ★★★★



月曜日に北京から沖縄に飛ぶ直通便が無いということで、どうしても前日の日曜に到着した那覇空港。今回は今日しか自由に動ける時間がなさそうだということで、この半日を有効利用させようと、まだ夏を感じさせる多くの観光客に紛れながらレンタカーを借りて向かった先は、沖縄本島の真ん中あたりに位置する読谷村。

今年の夏前から興味を持ち出し、少しずつ学び始めた「うつわ」。陶器や磁器などの焼き物やガラスなど、年初から学び始めた日本酒と共通するのは、土、水、米、窯など、その時の場所性を体現するものに、長い歴史の中で培われた職人技と技法。それを保ちながら発展させていく文化共同体。

そんな訳で雑誌や本から情報を自分なりにまとめ、各地の釜やデザインの良いうつわが購入できる販売所などをマッピングして、自分の地図にまた新しいアイコンが地図に新たな色を加え始めているところである。

そんな「焼き物」を沖縄のことばで表したのが「やちむん」。日本全国に散らばる様々な産地の中でも、特に知られているものであり、「壺屋焼(つぼややき)」と呼ばれるが、沖縄の各地にある産地によって、更にその呼び名が異なってくる。その中でもよく知られるのが、「読谷山焼(よみたんざんやき)」。そこに集まるいくつかの窯元の中でも、どうしても見てみたい作品を作る窯元があったため、那覇からおよそ一時間かけて向かったのは読谷村に位置する「やちむんの里」。

幹線道路からすこし入り組んだ道を入っていくと一つの集落のように現れるやちむんの里。全体で19の工房があり、2つの共同販売店は北窯売店(松田米司・松田共司・宮城正享・與那原政守)と読谷山焼窯共同売店(山田真萬・大嶺實清・玉元輝政・金城明光)。それぞれの工房でも個別に購入ができるようであるが、どういう仕組みか分からない為にとりあえず読谷山焼窯共同売店へ向かい、店員の方に仕組みを聞いてみると、基本的に各工房は月曜から金曜まで開けていてサラリーマンのように土日はお休みにしているところが多いと。週末はこの共同販売店は開いているが、朝からお客さんが買ってしまって、棚にあるのしか残っていないという。

大嶺實清(おおみねじっせい)さんのペルシャブルーのお皿を求めに来たんだと伝えると、ここにあったのは売れてしまったけど、大嶺さんのところは日曜も開けているからそちらにいってみればいいと里の一番奥に位置する大嶺さんの工房とギャラリー囍屋の場所を地図で教えてくれる。

最近は様々な雑誌等でもとりあげらているからであろうか、ギャラリーには見るからに若そうなカップルが訪れており、ちょうど一組のカップル相手に大嶺さん本人がうつわについて何やら話をしているところ。

空間に無造作に置かれている大小さまざまなやちむん。その中に目当てのペルシャブルーの品々を見つけ、上がるテンションを抑えながら一つづつ手に取りながら見て回る。暫くすると、ちょうど他の客もいなくなり、せっかくだから大嶺さんにいくつか質問をさせていただこうと話をすると、どうぞと奥さんがコーヒーを出して下さり、焼き物において青の意味や、ペルシャブルーがエジプトから中東、そしてシルクロードを経てどう旅をしてきたのか、沖縄の焼き物が中国から朝鮮、そして九州を経て流れてきたこと、琉球王国など沖縄の歴史と文化が現代の日本史においてどう捉えづらくなってしまっているか、巡っている琉球八社やグスクの分布から見える沖縄の文化の地政学、現在あちこちで行われる開発がどう地域の場所性を残していけるのか、青を出す為に非常に狭い融点と今はまっているマンガンを使用した漆黒のうつわなどなど。

思いのほか盛り上がり、試作中だという黒の大皿を一枚購入させていただき、せっかくだからと同じ黒の抹茶碗をお土産としてくださると言うのでご行為に甘えることにする。
「あまり買っていくと妻に怒られちゃいますから、次回は妻も一緒に来ますので」と話すと、優しそ笑顔を浮かべ、「待ってますから」と言う大嶺さん。とても幸せな気持ちになりながら、奥さんが厳重にパッキングしてくださったうつわを、家で広げ、そしてその上に料理を盛ることができるのを楽しみに、次の目的地へと向かう事にする。











大嶺實清さん



2017年8月12日土曜日

「ルーム」 レニー・アブラハムソン 2015 ★★


--------------------------------------------------------
スタッフ
監督: レニー・エイブラハムソン(Lenny Abrahamson)
原題: Room
--------------------------------------------------------
スタッフ
ジョイ・ニューサム(ママ) : ブリー・ラーソン(Brie Larson)
ジャック : ジェイコブ・トレンブレイ
ナンシー・ニューサム、ジャックの実の祖母 : ジョアン・アレン(Joan Allen)
--------------------------------------------------------

オーストリアで実際に起こった父と娘の間の監禁事件を元にしてかかれた小説の実写化。日本でも新潟で同様な事件が起こったことは記憶に新しいが、関わるすべての人を傷つけ、観るものにどうしようもない気持ちにさせる、何とも痛ましい事件である。

ある男の暴力によって天窓一つしかない外界と隔離された部屋の監禁され続ける一人の女性。その監禁生活の中で、妊娠をし産み落とした息子は、その部屋が世界のすべてとして成長していく。

部屋の中で行われる母と息子のつつましい生活。そこに時折訪れる男。シングルマザーと荒っぽいボーイフレンドなのかと思ってしまう前半部分。そこにひたひたと忍び寄るようにして感じられる違和感。それが監禁された部屋であること。そして息子が監禁生活の中で生まれ、世界を知らずに育つという事実が徐々に顔を出してくる。

監禁から脱出する部分でピークに達するのかと思えば、本質はその後。長期の監禁生活から生きて戻ってきた娘と新たに現れたその息子に対して、初めは喜びで迎える家族が徐々にどう接していいのかという戸惑いを感じだす。メディアや社会は、特殊な時間を過ごしてきた親子に対し、時に容赦のない言葉を投げかける。

そして親子自身もまた、平常な環境に戻ってきたにも関わらず、以上であったはずのあの「部屋」で過ごした時間が、如何に自分たちにとって日常となっていたのかを、徐々に認識し、そしてそれを乗り越えようと葛藤し、ぶつかりながらも二人で手をとりながら前えと向かっていく。

やるせないほどつらい映画であるからこそ、多くの人が観る事で二度とこのような事件が起こらないことを期待するだけである。






2017年8月8日火曜日

「沖縄の歴史と文化」 外間守善 1986 ★★


プロジェクトがきっかけで、今までまったく縁の無かった場所に関わることができることは建築というものを生業にしているものとしての喜びであると同時に、その土地の歴史や文化、そして現在の人々の生活を少しでも理解することが、少しでも場所に根付く建築を作るための基礎であり、建築家としての責任でもあるだろう。

そういう訳で縁ができそうな沖縄の地。米軍基地や観光地としての側面だけではなく、日本の最南端として独特の文化を培ってきたその歴史を文化を少しでも基礎知識として持っておくために何冊か手にとった中の一冊。

様々な場所の地名として残るグスクの意味や、琉球王国時代と明などの周辺諸国との関係、そして薩摩藩による侵攻と江戸幕府による取り込み政策、戦場となった近代と、戦後における統治時代と本土返還後。

本土における日本史という教育ではまったく捉えきれないその歴史は、やはり馴染みの無い言葉が多く、改めて日本人として知っておくべき事なのだと思わされる。

オモロや御嶽(ウタキ)など、信仰や世界観などもその起源や流れを説明し、如何に日本の中でも独特の文化を形成してきたのか、そして現在にどう残されているのかというのが見て取れると同時に、このような土地に染み付いた文化というのは、融合政策によって簡単に消し去られるものではなく、また多中心に移りつつある現代においてこそ、じっくりと見つけなおし、伝承していくことが大切なのだろうと思わされる。

ぜひともこの知識を元に、次回はより深く、沖縄の辿ってきた時間や歴史を感じられるような場所に足を運び、現地の人の話を聞くことができればと思わずにいられない。

-------------------------------------------------------
目次
序章 太平洋文化圏の中の沖縄
沖縄文化のマクロ的視野
従来の沖縄文化系統論

第一章 沖縄歴史のあゆみ
1.先史沖縄
 旧石器時代
 新石器時代(貝塚時代)
 グスク時代(前半)

2.古琉球
 グスク時代(後半)
 第一尚氏時代

3.海外交易の発展
 明
 南方
 日本
 朝鮮
 16c以降の貿易の衰退

4.近世琉球
 ・第二尚氏時代(後期)

5.近代沖縄
 琉球処分(明治12年)
 奈良原県政
 そてつ地獄(大正末~昭和初め)
 沖縄戦

6.戦後沖縄
 米軍統治時代

第二章 沖縄の言語と文化
1.日本語の中の沖縄語
 沖縄語の歴史
 沖縄語の特徴的音韻変化

2.沖縄文学の全体像
 古代文学
 近代文学
 古代文学の分類

3.オモロとウタの世界
 オモロ
 琉歌(ウタ)

4.神観念と世界観
 創世神話
 『おもろさうし』にみる神観念と世界観
   (1)ニライ・カナイ
   (2)アマミヤ・シネリヤ
   (3)オボツ・カグラ
 祭祀と年中行事
   (1)御嶽
   (2)年中行事
 各地の祭り
   (1)シヌグ
   (2)ウンジャミ
   (3)イザイホー
   (4)祖神祭り
   (5)プーリィ(豊年祭)
   (6)アカマタ・クロマタ
 民俗芸能
   (1)ウスデーク
   (2)エイサー
   (3)クイチャー
   (4)巻踊
   (5)アンガマ
   (6)京太郎

5.宮廷芸能
 古典音楽
 古典舞踊
 古典劇(組踊)

6.沖縄の美とかたち
 美学
 美術

第三章 神歌にみる宮古・八重山の歴史
1.宮古島の歴史と英雄たち
 開闢伝説
 先史時代~古代
 宮古の英雄たち
 14c末~15cの宮古と八重山
 王府の宮古支配と人頭税

2.八重山の歴史と英雄たち
 創世の説話~先史時代
 八重山の英雄たち
 八重山統治と人頭税
----------------------------------------------------------
外間守善

「さようなら、オレンジ」 岩城けい 2015 ★★★


第29回(2013年)太宰治賞受賞
第150回(2013年下半期)芥川賞候補作 (受賞小山田浩子「穴」)

ということで数年前に随分メディアで紹介されていた一冊。オーストラリア在住の専業主婦である著者の私小説的な物語の様であったが気になって購入し、少しずつ読み進めた一冊をやっと読みきる。

オーストリアの田舎町に住むアフリカからの難民である女性と、夫とともに移住してきた日本人女性を中心に、「母国語ではない言葉で生活が行われる場所で生きるとは」というテーマを主題に淡々と物語りは進んでいく。

恐らく、様々な理由で海外で生活をする日本人は現在世界中に数えられないほどいるだろう。望んでなのか、それともそうでなくとも、自分がその言葉以外で思考し教育を受けてきたことが、言葉という大きな壁のせいで自らのアイデンティティーを揺さぶるような経験は、誰もが必ず通ってくる道であろう。

外国に旅行に行った際に不自由なくやりとりができればいい。
語学留学などで、同じように第三国から来た人々と会話ができればいい。
仕事でやりとりができるくらい喋りたい。

求めるレベルと、そこに達するまでの厳しさは、人によってそれぞれだ。しかし、その言葉の環境で生活していれば、時間とともに上達するというのはまったくの希望的観測で、レベルを上げるためにはどうしても、学習と実践が必要だということも、外に出たすべての人が、どこかでぶち当たる事実。

それが「英語」という、どこの国でも外国語として真っ先に習い、そして成長とともに教育課程の中で触れてきた言語ではなく、それ以外の言語であるならなおさらのこと。

恐らく、オーストラリアに移り住み、20年近い時間をそこで過ごしたという著者は、きっと外国語と母国語、いつになってもネイティブの様には言葉を使いこなせない現実、その国の言葉でその国の人と交流しても、母国語で思考する自分の感情との間で必ず発生するギャップなど、「言葉」に派生する様々な葛藤に丁寧に向き合って生きてきたのだろうと想像する。

村上春樹の「遠い太鼓」や「やがて哀しき外国語」もまた、日本語で育った人々が、海外で生活する上でどこまでいっても付き纏うどうしようもない感情をうまく表現した本であったが、グローバル化を終え、国境を越えて生活することが人類史上かつて無いほど活発に行われる現代。その中でオーストラリア、日本人、アフリカ難民を「言葉」で紡ぎ、人が生きるとはどういうことか、人と交流するために言葉は何を助けるのかを丁寧に描いた一冊ではないかと思う。

----------------------------------------------------------
第29回(2013年)太宰治賞受賞
第150回(2013年下半期)芥川賞候補作
----------------------------------------------------------
岩城けい

「ライフ」 ダニエル・エスピノーサ 2017 ★★★

--------------------------------------------------------
スタッフ
監督: ダニエル・エスピノーサ(Daniel Espinosa)
原題: Life
--------------------------------------------------------
スタッフ
デビッド・ジョーダン : ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)
ミランダ・ノース : レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson) 
ローリー・アダムス : ライアン・レイノルズ
ショウ・ムラカミ :  真田広之
--------------------------------------------------------
出発が遅れに遅れた飛行機の中。「少しでも睡眠を」と思いつつも、不安定な天候のせいで揺れが激しく、とてもじゃなく寝れないために折角だからと観た一本。

「遠い空の向こうに(October Sky)」や「ドニー・ダーコ(Donnie Darko)」で青年を演じていたジェイク・ギレンホールがすっかりいい歳の役が似合うようになったと思うと同時、自分もそれだけ歳をとったんだと理解する。

ミランダ演じるレベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson) は「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション(Mission: Impossible – Rogue Nation)」や「マダム・フローレンス! 夢見るふたり(Florence Foster Jenkins)」で特徴的で妖艶な演技を見せていた女優かと改めて思い出す。


今年はエイリアン系映画が幾つかリリースされるので、どのような新しい世界観を見ることができるのかと思っていたが、ISSと呼ばれる国際宇宙ステーションで火星から持ち帰った土壌サンプルの中に、未知の生命体の細胞を発見する。

厳重に隔離されたラボ内にて様々な培養液や刺激を与えて何かしらの反応を示すか、地球外生命体への人類の希望を持ちながらけ研究を続ける6名の宇宙飛行士。その生命体があることをきっかけに成長をはじめ、驚異的な学習能力と運動能力を発揮し、次々と飛行士たちを圧倒的な力で襲い始める。

その生命体の描き方が、今までのSF映画で描かれたような既存の姿からはかなりかけ離れ、微生物と昆虫を足したような姿は、自分たちの世界観とはまったくことなりコミュニケーションが取れない圧倒的な敵。

「宇宙少年」でも描かれるISSの空間が、未知の生物に追われる閉鎖空間へと変貌する恐怖はなかなかのものであるが、何年にも渡る厳しい訓練を経て選ばれてきたエリート中のエリートである宇宙飛行士たちが、かなりパニックに陥って短絡的な行動を取るのはいかがなものかと思いつつも、タイトルどおり「ライフ(生命)」とは何かを突きつける。

つっこみどころは数々あるが、限られた出演者にCGを多用し、恐らく制作費としては他のSF映画に比べて圧倒的に少ないと思われる中、それでも地球外生命体の可能性として今までにない姿を描いたのは観る価値のある一本ではないだろうか。

ダニエル・エスピノーサ(Daniel Espinosa)

レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson) 








ジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)

2017年7月30日日曜日

「ツール・ド・フランス2017 総集編」 NHK BS1 2017 ★★★



ヤン・ウルリッヒやマルコ・パンターニと、大学生時代は夜中遅くまで熱中し観戦したものだが、無敵の王者ランス・アームストロングのドーピング事件以降、なんとなく追うことをしなくなってしまっていた。が今年は初夏を北フランスで過ごしたこともあり、ふと「久々に・・・」と追うことにした今年のツール・ド・フランス。

今年はドイツのデュッセルドルフをスタート地として、三連覇を成し遂げているエース、イギリス人クリス・フルームを中心に、圧倒的なチーム力を誇るチームスカイ。

地元フランスから久々の王者を、という期待を一身に受けるロマン・バルデ (フランス)やフルームの元アシストで今はBMCのエースとして参加するリッチー・ポートに、山登りでできるだけポイントを稼ごうと虎視眈々と黄色のマイヨ・ジョーヌを伺うファビオ・アルなど、フルームの後を伺う各チームが、23日に渡りフランス中を駆け巡るレースの中で様々な駆け引きを行い、チーム力を駆使して最後はパリに戻るこのレースは、やはり抒情詩の様なドラマを引き起こす。

結局フルームの4連覇で終え、次は偉大な先人たちに並ぶ5連覇に挑戦ということで、来年も目が離せないところであるが、夏の風物詩ともいえるこのツール・ド・フランスはやはりいいもので、いつかはアルプスで、そして最後の華やかな雰囲気のパリで、ものすごいスピードで駆け抜けていく選手たちを応援したいと改めて思わずにいられない。





2017年7月15日土曜日

那覇市立小禄(おろく)南公民館・図書館 同人GAN 1983


--------------------------------------------------------
所在地  沖縄県那覇市高良
設計   同人GAN
竣工   1983
機能   公民館・図書館
構造   RC造
--------------------------------------------------------
13時半発の飛行機にギリギリ間に合うかと空港に到着すると、「出発が遅れている。出発する便が北京から到着しておらず、何の理由なのかも良く分かっていないので、出発予定時刻は良くわからないが一応16:30くらい」だと、なんとも消化しきれない説明を受け、時間を無駄に過ごすのも癪なので、トランクだけチェックインをして、やたらと運賃の高いモノレールである「ゆいレール」に揺られ市内まで戻り、折角だからと地元で有名なジャッキーステーキハウスで肉でも食べていこうと炎天下の中、パソコンの入った重い手荷物を持ちながら、汗だくで到着するとそこには地元の人も海外からの観光客もごった返し、40分待ちの行列。

名前を記入してしばらく様子を見てみるが、一人として待ち時間が長いからと諦める人がいないようで、きっと味が素晴らしいのだろうと、珍しく時間に余裕があるのをいいことに、しっかりと40分ほど待っておススメだというテンダーロインステーキをがっつり頂くことに。

運転を気にすることもないので冷えたビールで水分を補給し、量の割りにあっさりと食べ切れてしまって、行列の長さに納得しつつ、まだまだある待ち時間を有効に使うべく、リストにあげていた建築を訪れるために、再度「ゆいレール」に乗り込むことにする。

向かった先は空港近くに位置する那覇市立小禄(おろく)南公民館。設計を担当したのはこの公民館の位置する小禄地区に事務所を構える同人GAN。竣工が1983年ということで、1981年に竣工した象設計集団の設計による名護市庁舎とほぼ同時代。もちろんその設計内容も知っていたはずで、これらの行政建築を見ることで、当時の沖縄での建築がどのような方向に向かっていたのかが良く分かる。

周辺の街並みを理解しようと、最寄り駅の「ゆいレール」赤嶺駅から徒歩で向かうのだが、炎天下の中、手荷物を持っての道のりはとにかく厳しい。7月の日中に外を歩く人の姿もまばらで、建物に到着したときには熱中症寸前。地形の高低差を利用し計画されているようで、どうやら裏の搬入口から到着してしまったようで、右手に見える階段を脇目にしながら、裏口らしきところから入りエレベーターで一階へと上がる。

下層が公民館機能を持ち、中庭は今は駐車場として利用されており、それを取り囲むように植栽が階段状に配置されており、なんとも儀式性の高い空間となっている。2階に上がり、植栽の中をぐるりと巡って内部に入れる位置口を見つけるとそこには図書館の表示が。2階と3階が地域図書館機能として使われている様子で、子連れの母親が絵本を探していたり、受験生が机に向かっていたりと、すでに35年近い歳月が流れた建物が地域に良くなじんでいる様子が見て取れる。

一通り見てまわり、あまりの疲労の為に、少し早くても空港に向かい出発まで体力回復に努めようと思っていたが、空港に着くと、なぜか先ほど言われた16;30の出発予定より時間が早まっていた為に、危うく飛行機を乗り過ごしそうになりながら、出発ゲートへと向かい今回の沖縄訪問を終えることにする。





ゆいレール